角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。

 

レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。
ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。

 



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2020-9-25

シェイプアップするとき、
適度に運動することが大切!なんですが…

普段運動をしない人にとっては、
無茶な条件という風に思うかもしれません。

しかし
運動をしなければならないのには
ちゃんとした理由があるんですよね。

シェイプアップ期間を抜け出せば、
普通の食生活に戻すこととなります。
普通の食事に戻すと、
再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージってありませんか?

確かにシェイプアップ前の食事量に戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性は高まります。

シェイプアップ後に食事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために
適度な運動が必要なんです。

運動をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要なんです。

筋肉は、ぼくたちの肉体の中で最もカロリーを使う部分です。
ですから日常の動きを、
筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

シェイプアップ期間中に、
適度な運動を習慣にしていれば、筋肉の量が増えていきます。
このため、たとえ昔食べていた食事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができるんです。

ところが、
ただ単に食事制限だけでシェイプアップをした場合には、
筋肉の量が増えていません。

逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

このような事情から、
シェイプアップには適度な運動が大切!なのです。


最も適した治療方法をまずは探す 目の病気や疾患を持っている人 ドライアイでもレーシックを受けられる クリニックの環境でレーシックの失敗例