妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック


妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。





妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:2020-11-26

巷には、様々な減量法がありますが…
少し間違った減量というのもあるみたいなんですよね。

まず、思い浮かぶのが
「単品減量」や「断食減量」
というものです。

これらは極端に食事量が減りますので、
すぐに体重も減らすことができますが、
体に必要な栄養素が不足してしまい、
逆にリバウンドを起こしやすくなってしまいます。

また「下剤」などを利用して、
体の中に溜まっている不要なものを排出するという
減量方法もありますが、
過度に使用すると脱水症状を起こすこともあります。

これは体重が減ったとしても一時的なもので、
脂肪が減ったわけではありません。

このような減量を行なっていると、
体にどのような影響がでてくるかということですが…

カルシウムなどをきちんと摂ることができないと
「骨粗しょう症」になってしまったり、
食生活の乱れによって
脳にある食欲中枢がコントロールを失ってしまい、
過食や拒食などの摂食障害を起こしてしまいます。

さらに、
卵巣の機能も乱れてしまい、女性ホルモンの分泌低下など
婦人科系にも悪影響がでてきます。

その結果として、
現代の女性に多い生理不順や無月経、無排卵など
不妊症につながるトラブルへとつながってしまうのです。

このように、
間違った危険な減量方法を続けていると、
さまざまなトラブルが体に起こってしまう可能性が大きいです。

健康的にきれいに減量したいならば、
正しい減量を行なうことです。
焦らずにコツコツとやることが大事ですよ。

嗚呼,気分爽快
妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション