クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2021-1-22


どうも~♪

今日は久々に筆が進みそうです。


最近、恋人の知り合いにもらった子犬が来て1か月。

想像以上のやんちゃぶりにも慣れてきました。

17時とか時間関係なしに寂しいと鳴くし、人間の赤ちゃんが
3時間ごとに世話をするというのはぼくにはとても無理!って
カンジがした。

17時とか決められてない、赤ちゃんタイムな訳で・・・
子育てをするみなさま、本当にご苦労様です。

犬はあっという間だけど、人間の赤ちゃんは歩くまで1年だもんねー。


このベビーが家に来て、エクササイズバンドをしていると・・・
なぜか吠える。

一緒に楽しんでいるのか警戒しているのか。

腕立て伏せをしていても「あそべー!!」ってカンジだし、
オルビスのダイエットシェイクやダイエットゼリー マスカット味なんて、
すごーい視線を感じるのさ。

でも、最近はオルビスのダイエットシェイクを飲むと散歩に連れてって
もらえると思ってるみたいで、そわそわしはじめて、喜んでる。

犬って凄いねー。

外を怖がったのは最初のうちだけで、すぐに楽しいことって覚えたし。

散歩のおかげで5キロ痩せるかも~とわき腹を気にして
運動はしているけどね。

曇りのちはれとか天気もわかるみたいで、雨だと大人しくしているし。


4日から親がタイ旅行に行くって言いだして・・・
さすがに初の留守番は不安だけどねー。

帰って、部屋がぐちゃぐちゃにならないように、ハウスのしつけは
頑張ったみたいだけど。

どうなるやら・・・


え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

エキシマレーザーを使用するレーシック
最も適した治療方法をまずは探す
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
目の病気や疾患を持っている人
妊娠中や授乳時期のレーシック
ドライアイでもレーシックを受けられる
レーシックの種類によって適正が異なる
クリニックの環境でレーシックの失敗例
治療費用でクリニックを比較しよう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)悩みが無くなるレーシックナビゲーション