目の病気や疾患を持っている人

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
これは事前の検査で判明しますので、担当医の決定に従うこととなります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
さらに角膜疾患を起こす可能性のある薬を飲んでいる方も断られてしまうことになります。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックは、とても敏感な部分である目を取り扱うため、どうしても治療を受けられる人に制限が出てきてしまうのです。

 



目の病気や疾患を持っている人ブログ:2019-2-05

早く痩せたいからといって、
極端な食事制限をして減量する人がいます。
確かに、食べなければ痩せることは簡単です。

しかし、
食べないことを続けていくことができますか?
極端な食事制限による減量には、
大きな落とし穴が待っているだけですよ!

ボクたちのからだには
素晴らしい本能があります。

からだの中が飢餓状態になると、
代謝を落として入ってきた栄養の多くを
なるべく備蓄に回すように働きます。

このような動きをしだすと、
ボクたちの本能はこの作業をやめません。
以前と同じ量の食事を食べても、蓄積される量が多くなり、
太りやすくなっていきます。

減量前より
確実に太りやすいからだができてしまいます。

食べない減量を続ければ、
最終的には
減量前より太るということなのです。

減量中でも
体が欲しがっている食べ物は、食べることが必要です。
本当に食べたいと思うものは、
我慢しないで食べた方が精神的にもよいということです。

しかし、
目が食べたがっている物や習慣的に食べている物は、
食べないような習慣を作っていくことが大切です。

毎日の食生活を急に変えることはできませんが、
意識して少しずつ変化させていけば
意外と簡単にできるようになりますよ。

それと、絶対に食べないということもよくありません。

友人などと外食するときは、
食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。
それはそれでいいと思います。

意識的に1日を通して摂取カロリーを考えていれば、
外食したときに多くなっても調整できます。

減量中でも、
自分が食べたいなと思ったら、我慢しないで、
少しずつ、より美味しく食べるようにしましょう。


最も適した治療方法をまずは探す 目の病気や疾患を持っている人 ドライアイでもレーシックを受けられる クリニックの環境でレーシックの失敗例