クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2014-2-19


もう布団から出たくない今日この頃。

昨日は、布団に入って2秒でねました。


最近、仕事も遅刻ギリギリだったりして、もう少し早く起きようと
思うけど、目覚ましを止めて二度寝。

これがまた気持ち良かったりして…。

6時からダンベルしている相方に
朝型になって、余裕をもって、少し体を動かしてから出かけたら?と
勧められたんだけど、やっぱり1秒でも寝ていたい。

こないだ痩せないとねーと話していたら、友達から前、
オススメのオルビスのダイエットシェイクとダイエットゼリー マスカット味を
もらって、朝食べないなら、これを朝食代わりにするといいよって。

何とも優しい誕生日プレゼントw

たしかに仕事で歩くことも少ないから、歩いたり自転車を活用すると
良いとは思うけど、自転車だと帰りも自転車…っていうのが辛いなとか
思ったりして。

夜とか時間帯や晴天とかによっても
困ることもあるよね。

…なんて逃げつつ、友達のお誘いがあるのでペルヴィスダンスに
1週間の休みでも一緒に行ってこようかな。

意外にぼくの周りってジムに通っていたり、健康に気遣っている
人もいたりして。

16時からとか決めずに、何かできることがあればやってみよう
とか思っているけど、なかなかこれ!と言うものがなくて。

まずぼくは、目覚ましをとめて、きちんと起きれる朝型人間に
なるのが必要かもww

寒がりだから、特に冬とかは辛いし、雪とか降られたら外にも出たくないし。

ということで、今日もオルビスのダイエットシェイク飲んで頑張るかなー。

とっぴんぱらりのぷう

最も適した治療方法をまずは探す 目の病気や疾患を持っている人 ドライアイでもレーシックを受けられる クリニックの環境でレーシックの失敗例